FC2ブログ

domino

はい。昨日新しいソフトやらなんやらを買うのはやめようといいました。・・・が、正直まだ迷っています。まぁいずれにしろすぐには買いません。とりあえず就職して金持ちになったらパソコン、ソフト、音源フルセットでそろえ直してやろうかと思ってます。

んで、とにかくVistaでなんとかMIDI制作はできないものかと考えていたわけです。
なぜVistaでMIDI制作をしたいかといいますと、Vista対応のMIDI楽曲を作ろうとすると、Vista機でつくって再生確認したほうが効率がいいからなんです。
そこで発見したMIDIシーケンサーが「domino」です。Vista対応のフリーのMIDIシーケンサーです。

ちょっと素人には敷居が高いかもしれませんが、十分作曲できますね。ありがたいのが、XG音源用のセットアップリストがテンプレートとして用意されていること、そのうえ、ボイスリストもMUシリーズ用に用意されている。なんて親切なんだ!

自分はほとんどMIDIキーボードでリアルタイム録音で打ち込みをするので、打ち込みの手間は大して気になりません。同時信号送信数が256なのでオーケストラとかじゃなきゃそれほど不便もない。

唯一不便なのはやっぱりXGeditorが使えないこと。でもこれってYAMAHA以外のシーケンサーでも同じことだよね。


ちなみに波形編集はこれもフリーのKRYSTALというやつを使います。YAMAHAのSOL2についていたマルチバンドコンプレッサーFinalMixierはVSTプラグインで、KRYSTALでも使えるので問題なし。
唯一使えなくなるのが、MIDIと連携で使うVSTです。・・・が、ほとんど使わないので気になりません。
そもそもXPパソコンで気に食わなかったのは、パソコンのスペックが低すぎて波形編集が思うようにいかなかったことです。MIDI制作の段階では対して問題は生じていなかったような。だったら波形編集だけVista機でKRYSTALを使ってやればいいのでは・・・?

なんかいろいろ言ってますが、一番言いたいのは、dominoを製作してくださった方への感謝の言葉です。


ありがとうございました!

ではでは。
2008年03月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 作曲
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別記事

リンク

友達申請

ブログ内検索

RSSフィード